評価の基準|買取相場が高騰しています|ダイヤモンド買取は今が旬

買取相場が高騰しています|ダイヤモンド買取は今が旬

評価の基準

ダイヤモンド

カラット

ダイヤモンドの買取基準には、主に4つのポイントがあげられます。その4つのポイントとは、「4C」と呼ばれ、それを評価基準としてダイヤモンドは査定されているのです。
その4Cに含まれる評価基準の一つに、「Carat」があげられます。Carat(カラット)とは、石の重さのことを指し、1カラット0.2グラムで表されます。カラット数が大きければ大きいほど、それは大きなダイヤモンドとなり、その分高価な値段が付けられます。買取基準の一つに、「Color」があげられます。Color(カラー)とは、その名の通り色のことを指し、石がどれだけ無色であるかを表す基準となります。無色透明度が高ければ高いほど良いとされ、ランクとしては「D」がもっとも評価が高いです。この「Color基準」とは、あくまでも一般的な無色透明のダイヤモンドのことを指し、ブラックダイヤやブルーダイヤ、ピンクダイヤなどは、それぞれ別の基準が設けられています。

クラリティーとカット

その他にも「Clarity」があげられます。Clarity(クラリティー)とは、宝石の結晶内にどれだけ不純物が混入されていないかを表す基準となっています。もっとも高い評価の基準とは、「VVS1」と表されます。買取評価基準の一つに、「Cut」があげられます。Cut(カット)とは、原石から削りだされた際の形の評価基準のことを指し、もっとも良いとされる評価基準としては、「Excellent」という評価が付けられています。これらを事前に把握した上でダイヤモンドの査定を依頼し、買取してもらうと良いでしょう。